« 携帯から | トップページ | 杉山くんたちは夜専門 »

花と蛇

花と蛇
★★★★☆
監督/石井隆
杉本彩
野村宏伸
遠藤憲一
伊藤洋三郎

凄い映画です。スタッフの映画に対する気合いが画面から溢れています。

自分であんなセックスがしたいとは思わないですが、純粋に綺麗でした。ねじまがってはいるけれど、あんなに必要とされたら、ある意味では幸せです。好きな人から必要とされていない私には、死ぬほど羨ましい。

体をはって演技をする杉本彩が、信じられないくらい綺麗で、もっと好きになりました。彼女のことは今まで、セックスにオープンなセクシータレントとして好きだったんですが、もう、明らかに女優ですね。女優としても人としても大好きです。

杉本彩の旦那役(野村宏伸)だけが、役からずれていて、セリフ回し、演技ともにいまいちでした。ピエロ役の伊藤洋三郎、ヤクザ役の遠藤憲一なんかはハマり過ぎてて恐いくらいです。かっこよかった。。。

----------

好きな人と観たいと思ってたけど、過激すぎたので、1人で観て正解だったかな。

|

« 携帯から | トップページ | 杉山くんたちは夜専門 »

」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/475511

この記事へのトラックバック一覧です: 花と蛇:

« 携帯から | トップページ | 杉山くんたちは夜専門 »