« seventh anniversary | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

タクシー・ドライバー

タクシードライバー コレクターズ・エディション

監督/マーティン・スコセッシ
ロバート・デ・ニーロ
ジョディ・フォスター

ロバート・デ・ニーロって、かっこいいな~というのが、第一印象で、後は良く分かんなかった、というのが正直なところです。

主人公は、ベトナムで心に傷を負ったという設定らしいけど、あの程度の孤独感は、皆が持ってるものじゃないのかな…。勝手に悲劇のヒーローを気取ってて、社会に恨みを抱いていくなんて、ぜんぜん理解できませんでした。例えば、気になっている女性をポルノに連れて行って、それを理由に振られたのを逆恨みするというエピソードは、主人公が、自分以外の人間の感情に興味を持っていないことの象徴な気がします。常識を持っていないし、自分を正義だと思っているし、自分のことしか考えられない。

私が最も嫌いなタイプの人間です。

|

« seventh anniversary | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/568781

この記事へのトラックバック一覧です: タクシー・ドライバー:

» タクシー・ドライバー [映画&DVD]
タクシー・ドライバータクシードライバー(''Taxi Driver'')は1976年のアメリカ映画。ここでは、こちらを扱う。タクシードライバーはシャ乱Qの楽曲。作詞・作曲は松本人志。''(→シャ乱Q参照)''.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotati...... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 10:30

« seventh anniversary | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »