« バーバー吉野 | トップページ | Along Came Polly (ポリー my love) »

刑務所の中

刑務所の中 特別版

監督/崔洋一
原作/花輪和一
山崎努
伊藤洋三郎
窪塚洋介
椎名桔平

ずっと気になっていて、ようやく見ました。いろんな人が出ていて面白いですね。特に花輪役、山崎努の表情がものすごく良かったです。

一番ショックだったのは、主人公、花輪が刑務所の中で幸せを感じてしまう感覚にものすごく共感してしまったことでした。懲罰房で単純作業をしている花輪は、誰ともしゃべらずに単純作業だけをしている環境に幸せを感じてしまい、「一生ここにいろと言われても、3日泣けば諦めがつく」と言っています。私もそんな気がしました。でも、何も考えずに生きることに憧れるのは、私が今そうじゃないからかもしれません。その環境の中でそう感じてしまうことは結構怖いことな気がしました。

私は高校生くらいの時には、自由であることにすごく憧れていました。今はその自由を満喫しているはずなんですが、それに対して幸せを感じているかといわれると、そうでもありません。むしろ、誰かに束縛されたり、するべきことを指示されていた時のほうが幸せだった気もします。結局ないものねだりかよ、ということなんですが、ホントのところ、自分が何を求めているのかはぜんぜん分かりません。親のように束縛してくれる人を求めている気がしたり、そうでないと思ったり。

刑務所の中で囚人たちが生活に対する満足を見出しているのは主に食事です。食べて、お風呂に入って、眠る。これだけに全ての幸せを感じてしまっているんですが、実際には、トイレに行くにも許可を求めたり、些細なことで怒鳴られたりという、人間らしくない生活なわけです。なぜ、幸せだと感じるのか。インタビューの中で、囚人役に入ると皆が幼児化していたという話しをしていました。きっと、幼児化しないと、あの環境に幸せを感じることはできないんじゃないかと思いました。幸せって思い込みかもしれませんね。

窪塚洋介の演技がものすごく好きでした。渇望してる感じが投げやりではなくて、窪塚らしい癖はそのままなのに、すごく映画にマッチしてました。出てるのは一瞬ですが、要チェックです。

|

« バーバー吉野 | トップページ | Along Came Polly (ポリー my love) »

」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/638246

この記事へのトラックバック一覧です: 刑務所の中:

« バーバー吉野 | トップページ | Along Came Polly (ポリー my love) »