« オリバーツイスト | トップページ | 69 »

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー

ヒュー・グラント

こんなにたくさんの話を盛り込む必要があったのか、というと、なかった気もします。一つ一つを扱う時間は減るわけだし、そんなにそれぞれがつながってるわけでもないし。でも、世界中に愛が散らばっているというコンセプトは良かったです。基本的には片思いが実っていく話なんだけど、やっぱりうまくいかないものも織り交ざってて、そういうのは良かったです。うまくいかなくても、行動しろということですね。

父と義理の息子の組み合わせが一番良かった。片思いはつらいものです。妻を失った人は、絶対にかなわない片思いをしてるみたいなものですよね。それが、義理の息子の片思いを応援しているうちに元気になっていってるし!2人とも最高にかわいい。

首相の恋もよかった。ヒューグラントはやっぱりかっこいい!

片思いをしている身としては、うまくいった恋はうらやましいです。好きな人に愛されたい、抱き合いたいな~と思ってしまう映画でした。

|

« オリバーツイスト | トップページ | 69 »

」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/599349

この記事へのトラックバック一覧です: ラブ・アクチュアリー:

« オリバーツイスト | トップページ | 69 »