« Along Came Polly (ポリー my love) | トップページ | 愛と青春の旅立ち »

ブエノスアイレスの夜

ブエノスアイレスの夜
★★★★☆
アルゼンチン/2001
監督/フィト・パエス
セシリア・ロス
ガエル・ガルシア・ベルナル

登場人物たちがめちゃめちゃ美形でびっくりしました。特に主人公カルメン役のセシリア・ロスは、最初はただのおばちゃんだと思ってたけどなんか見ていくうちにどんどん綺麗になっていってすごかったです。中年女性の魅力にやられて、こんな大人になりたい!と思っちゃいましたが、それも監督の奥さんだということを知ってものすごく納得しました。好きな人のことは、どうやったら綺麗に取れるか分かっているんだろうな~と思って、なんか嬉しくなりました。こんな風に撮ってくれる旦那さんがいたら幸せだろうな~。主人公の妹役もめちゃめちゃ綺麗だし、男の子もめっちゃくちゃ!いいです。あんな男の子と恋をしてみたい…。耽美な世界でした。

ストーリーは、現実にはありえないくらい波乱万丈で、どうおさまりをつけるんだろう??と心配になるくらいでしたが、ある意味収拾つかないまま終わってました。息をつかせない展開で、先読みできないので、物語り自体、結構楽しめます。無理のあるストーリーなのに、無理を感じさせないのがすごいです。アルゼンチンの歴史を知らないと良くわかんないのかもしれません。日本では想像できないバックグラウンドがあります。戦後日本ならあんなこともあるのでしょうか。

音楽も最高でした。ものすごく重苦しくて、悲壮で、映画の雰囲気を作り上げていました。いい映画には、雰囲気を壊さない音楽ではなく、雰囲気を作る音楽が必要ですね。この映画では特にストーリーの進行を音楽が担当しているというくらい重要な役割を果たしていると思います。ヘッドフォンで低音効かせて聴いていたので、ますます良かったです。

|

« Along Came Polly (ポリー my love) | トップページ | 愛と青春の旅立ち »

」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/709402

この記事へのトラックバック一覧です: ブエノスアイレスの夜:

« Along Came Polly (ポリー my love) | トップページ | 愛と青春の旅立ち »