« ドラッグストア・ガール | トップページ | お父さんのバックドロップ »

2番目の彼女

2banme
★☆☆☆☆
2004
監督/大森美香
北村有起哉
前田綾花

映像もストーリーも面白みなし。最低の映画でした。途中で入ってるダンスシーンも意味わかんないし、陳腐でダサくて安っぽくてかっこ悪い。あ、それを狙ってるんでしょうか?でも「ダサくてかっこいい」のと「単にダサい」のは違います。この映画は相当ダサい。かっこよくウインクできない人はウインクしないでほしいです。

私自身、いま「2番目の彼女」なんですが、「彼女」というより「セフレ」といった方が正しいと思います。2番目の彼女なんて作るやつには絶対惚れないし。映画中の2番目の彼女も男には惚れてないです。単なるかき混ぜ役?結局男が弱くて優柔不断で振り回されただけの映画です。本気と浮気、使いわけてるのは最低のやつです。両方本気ならもっと最低ですが、それはしょうがないです。

2番目の彼女が求めてるものは、はっきり分かりました。ラクチンでドライな関係。私が求めてるのが、同じ関係だからですね。でも、彼女がいるのにそれを受け入れちゃう男の気持ちはさっぱり分かりません。リスクを背負うだけなのに。結局、男がほしいのはセックスだけなんでしょうか?

そんな中でよかったのは次の会話。

男:そんな都合のいいことできないよ。
女:都合よくて何か不都合あります?

|

« ドラッグストア・ガール | トップページ | お父さんのバックドロップ »

」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/884847

この記事へのトラックバック一覧です: 2番目の彼女:

« ドラッグストア・ガール | トップページ | お父さんのバックドロップ »