« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 珈琲時光 »

[is A.]

イズ・エー [is A.]
★★☆☆☆
2003
監督/藤原健一
主題歌/Bennie K

ただ暗いだけの映画でした。面白くなさそうな雰囲気をびんびん感じて避けていたんですが、思い切って借りてみたら、やっぱりあんまり面白くなかったです。

憎しみとか、悲しみとか、復讐心とか、苦しみとか、人間のマイナスな面ばかりを描いた映画で、見ていて普通にへこみます。チャプタータイトルになっていた”who is A?” ”Where is A?” ”What is A”というのを観て、このタイトルの意味がやっと分かりました。犯罪者、少年Aが主人公だという意味みたいです。でも、主人公少年Aの気持ちも分からないし、その周りの人の気持ちも分かりません。あまりに特殊で、特殊だけど身近で起こりそうなことがテーマになっているので、出来るだけ自分にひきつけてみようとがんばったんですが、どうしても自分が当事者になっている姿を想像できませんでした。身近な人が殺されたとき、復習したいと思うか、自殺したいと思うか、もしくは忘れて元気になれるか。私の想像力を超えています。想像できません。

モチーフの扱い方はすごくかっこよかったです。例えば、時計の針の進む様子、信号が変わる瞬間、ゴミ収集車がごみを飲み込んでいく様子、そんな風景をうまくストーリー展開に使っていて、映画の雰囲気を作っていました。

|

« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 珈琲時光 »

」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/1056283

この記事へのトラックバック一覧です: [is A.]:

« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 珈琲時光 »