« 誰も知らない | トップページ | [is A.] »

竜馬の妻とその夫と愛人

竜馬の妻とその夫と愛人
★★☆☆☆
2002
監督/市川準
脚本/三谷幸喜
木梨憲武
鈴木京香
江口洋介
中井貴一

三谷幸喜作品としては、コメディというより、大河ドラマ新撰組に近いテイストだった気がします。コメディとして借りたので、ちょっと重かったです。でも、鈴木京香演じる竜馬の妻、おりょうの気持ちはすごく分かっちゃいました。誰でもいいからそばにいて癒してほしい。でも、自分を愛してくれる人のそばにはいられない。その人を愛し返すことが出来ないから。私も、私を好きにならない人なら、誰でもいいです。

好きじゃない人と一緒にいることは楽チンです。プレッシャーも何もない。お互いに楽しんでるだけだと分かっているから。でも、自分を好きになってくれた人と一緒にいるのはしんどいです。想いを返せない人といるのは、しんどいです。

だから、自分を愛してくれるのに愛し返してあげられない人のそばにはいてはダメだ、という選択はすごく正しいと思います。自分を愛してくれない人にだったらいくらでも甘えられるんですけど、自分を愛してくれる人に愛し返せないときは、絶対に甘えられません。期待を与えちゃダメですよね。

両思いだったら何の問題もないのにな~、と哀しくなりました。「何が足りないの?」「ダメなところは直すから」という台詞はぐっさり来ます。惚れる、惚れないって言うのは、ポイントじゃないんですよね。結局トータルな雰囲気に惚れるんだと思います。どこか直して惚れてもらう、とかはありえない。分かっていて聞いちゃうのが、惚れてる弱みですね。

|

« 誰も知らない | トップページ | [is A.] »

」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/894911

この記事へのトラックバック一覧です: 竜馬の妻とその夫と愛人:

« 誰も知らない | トップページ | [is A.] »