« 贅沢な骨 | トップページ | 赤い橋の下のぬるい水 »

風花

風花 kaza-hana
★★☆☆☆
2001
監督/相米慎二
浅野忠信
小泉今日子
麻生久美子
柄本明
椎名桔平

浅野忠信はヒゲがあるほうがかっこいい、と改めて思ってしまいました。そして、小泉今日子って、いい演技するな~、と。

浅野忠信は思っていたより嫌な役じゃありませんでした。というより、私にとっては、ものすごく普通のいい人でした。たぶん、自分に求められてることに対して本当に精一杯生きてると、ああなっちゃうんでしょう。優しい人ほど、そうなっちゃうんでしょう。単純に不器用なんだと思います。

逆に小泉今日子の生き方は、自分勝手で嫌でした。もしかしたら、私はこっちタイプの人間かもしれません。だから、嫌なのかも。

お酒が飲めないという浅野忠信の演じる酔っ払いの演技は説得力があって面白いです。

そんなに良い映画ってわけじゃないですが、ほどほどに良い映画というところでした。

|

« 贅沢な骨 | トップページ | 赤い橋の下のぬるい水 »

」カテゴリの記事

浅野忠信」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/1532140

この記事へのトラックバック一覧です: 風花:

« 贅沢な骨 | トップページ | 赤い橋の下のぬるい水 »