« うなぎ | トップページ | 星に願いを »

タッチ・オブ・スパイス

タッチ・オブ・スパイス DTSスペシャル・エディション
★★☆☆☆
2003/ギリシャ・トルコ

スパイスと宇宙を絡ませているのはすごい発想です。出てくる料理はおいしそうだし、色々な哲学は面白かったですが、人間ドラマとしては大して面白くなかったというのが正直なところ。

ギリシャとトルコの確執なんてまったく知りませんでしたが、そんなに古い歴史でもないようなので、日韓の確執のように今も残っているんじゃないかと気になりました。町を追い出されるというシチュエーションで町に固執するのは理解できますが、人間関係よりも町を選ぶというのはよく分かりません。そういう価値観に共感できなかったので、いまいちピンと来ない映画でした。

CGの使い方も微妙です。不自然さが残るCGなら使わない方がましだと思います。

「見えないものほど大切。例えば、料理の決め手は塩だけど、見えないだろ?」なんていう台詞は素敵でした。

|

« うなぎ | トップページ | 星に願いを »

」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/1275955

この記事へのトラックバック一覧です: タッチ・オブ・スパイス:

« うなぎ | トップページ | 星に願いを »