« RENT | トップページ | オペレッタ狸御殿 »

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー
★★★★★
2005/アメリカ
監督/クリント・イーストウッド
クリント・イーストウッド
ヒラリー・スワンク
モーガン・フリーマン

モーガン・フリーマンのナレーションは、渋くて、ゆったりしていて大好きです。この声のおかげで、『ショーシャンクの空に』を思い出しました。

いかに生きるかを考えることは、究極的にはいかに死ぬかにつながるのかもしれません。私は、まだ死ぬことを本気で考えたことがないので良く分からないというのがホントのところです。でも、この映画では「生きているけど、生きていない状態」というのがうまく表されている気がしました。

愛って、黙ってそばにいることだけで満たされてしまうものですね。もしかしたら、それは、恋愛じゃなくて、家族愛に近いかもしれません。どきどきしたいんじゃなくて、安心したいから、こういう愛し方をしてみたいと思います。

|

« RENT | トップページ | オペレッタ狸御殿 »

」カテゴリの記事

クリント・イーストウッド」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/1996166

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオンダラー・ベイビー:

» NO.113「ミリオンダラー・ベイビー」(アメリカ/クリント・イーストウッド監督) [サーカスな日々]
「犠牲」なくして成立しないアメリカン・ドリーム。 イーストウッド監督が「ミスティック・リバー」でアカデミー2冠に輝いたのは、記憶に新しい。そして、今回は、本作品で7部門にエントリーされ、4部門でトロフィーに輝いた。いったい、アメリカの映像関係者は、この初老の監督に、なぜ、ここまで惹かれるのだろう。 役者としてのイーストウッドはTVの「ローハイド」で名前を覚えられたが... [続きを読む]

受信: 2006/06/08 16:41

« RENT | トップページ | オペレッタ狸御殿 »