« 恋の門 | トップページ | ニワトリはハダシだ »

七人の弔

七人の弔(とむらい)
★★☆☆☆
2004
監督・脚本/ダンカン
ダンカン
渡辺いっけい
高橋ひとみ
いしのようこ
山崎一
温水洋一
保積ペペ

ブラックユーモア、には、普通のユーモアよりもセンスの合う合わないがあると思います。この映画が描くブラックユーモアは私には合いませんでした。

シチュエーションというか、設定は面白いし、ストーリーもサスペンスとしても面白いと思いますが、好きじゃないです。それは、人の気持ちが全然分からないからだと思います。

シチュエーションに一生懸命になりすぎて、人間描写がおろそかになってしまったのかもしれません。例えば、親が子供の臓器を売ろうとするという最低な行為をしようとしているところから始まるのですが、そういう人たちを、ただ単に欲に駆られた馬鹿な人としか描いていません。人間の感情って、もっとごちゃごちゃして、善と悪が共存している多面体だと思うんですが、この映画の人間は、誰もが一面しか持っていなくてのっぺりしています。

加えて、子役が下手すぎです。台詞回しがつたないというか、わざとらしい。これは、役柄に無理があるから、役作りも出来ないんだろうな~とも思いました。あんな子供には感情移入して演技するのは難しいと思います。

唯一、最後に子供たちに「アニメ昔話」のエンディングテーマ「いいないいな、人間っていいな」を歌わせているセンスは結構好きでした。

|

« 恋の門 | トップページ | ニワトリはハダシだ »

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/1734325

この記事へのトラックバック一覧です: 七人の弔:

« 恋の門 | トップページ | ニワトリはハダシだ »