« クラッシュ | トップページ | 月とキャベツ »

ゲド戦記

Gedo
★★★☆☆
2006
監督/宮崎吾朗
岡田准一
手嶌葵

原作が大好きなので、期待しないで見るよう努めたんですが、なかなか難しいです。まぁ、ゲド戦記3巻を映画にしたというより、ゲド戦記3巻を「新しく創作した」というのに近いのかもしれません。エンターテインメントとしては、よくできているのではないかな、と思います。

原作を見ていないと分からないような描写(人間関係など)があるのは、仕方ないのかもしれません。でも、映画は映画だけで完結できるようなシンプルなものがいいなー、と思いました。

もうひとつ内容に不満があるとすれば、「悪」の存在についてです。今までの宮崎アニメって、絶対的な悪という存在はなかった気がするんですが、今回は「悪」という存在があったのでそこに違和感を覚えました。簡単に二分化できないという「もののけ姫」的な主張はどこに行ってしまったんでしょうか。それでいて、もののけ姫のときのようなお説教テイストを台詞として言わせてしまっているところも気に入りません。例えば、テナーの台詞に「命を大事にしないやつなんて大嫌いだ」というものがありましたが、こんな直球は言わせないで欲しい気がします。

それにしても、歌の力はすごいですね。あの歌のおかげで見たいと思いました。

|

« クラッシュ | トップページ | 月とキャベツ »

」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/3269369

この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記:

« クラッシュ | トップページ | 月とキャベツ »