« マザー・テレサ | トップページ | ファイト・クラブ »

UDON

Udon
★★★★★
2006
監督/本広克行
ユースケ・サンタマリア
小西真奈美

最高!映画館で笑い転げてきました。意味のない描写が色々あって、面白くて、こういうテイストの映画としては大成功だと思います。

ロボットプロダクションの、「summer timemachine blues」から引っ張っているネタもてんこ盛りで、両方見ると2倍美味しい感じです。

音楽に関しても、ずっとビゼーのカルメンで通してあるのがかっこよかったです。アレンジもかっこよかったし。途中、Queenとカルメンを混ぜたみたいな発展があってそれも面白かったです。ウルフルズの「バンザイ」はいらなかったな~、と思います。

ちょっとだけ私には合わなかったのは、わざわざ泣かせにかからなくてもいいのにな~ってところです。私には笑いだけで十分でした。

|

« マザー・テレサ | トップページ | ファイト・クラブ »

★★★★★」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/3270382

この記事へのトラックバック一覧です: UDON:

« マザー・テレサ | トップページ | ファイト・クラブ »