« 奥さまは魔女 | トップページ | 迷宮の女 »

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション
★★☆☆☆
2004/アメリカ
ジム・キャリー
メリル・ストリープ

ジムキャリーの1人3役がものすごくうまかったです。これは、彼にしか出来ない約かもしれませんね。ジムキャリーのことは好きじゃないんですが、純粋に「うまい!」と思ってしまいました。コメンタリーを見ると、彼の台詞の80%がアドリブらしいんですが、脚本家は何をしているんでしょうか?そこまで任されるのは、楽しいだろうけど、そういう映画の作り方をする監督の作品は別にもう見たくないな~、と思ってしまいました。監督が作りたいイメージを作るというより、役者に分投げてお任せにしてる感じでした。

ただ、全体を通してのコンセプトはすばらしいと思いました。「物語は不幸であるけど、子供たちが不幸であるわけではない」。不幸な環境にある人が不幸であるとは限らないんですよね。人間が幸せか不幸せかは本人が決めるものです。

”there must be something”
「何か手があるはずだ」

といって、不幸に負けずにがんばる子供たちの姿がかわいかったです。

|

« 奥さまは魔女 | トップページ | 迷宮の女 »

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/3451812

この記事へのトラックバック一覧です: レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語:

« 奥さまは魔女 | トップページ | 迷宮の女 »