« やわらかい生活 | トップページ | HERO »

ハチミツとクローバー

Hachikuro
★★★★☆
2006
蒼井優
櫻井翔
伊勢谷友介
加瀬亮
関めぐみ
中村獅童

人を好きになるのって苦しいことだな、と改めて実感しました。しかも、苦しいことばっかりで報われない場合さえあるなんて、ひどく残酷です。それなのに、こんなに苦しいことなのに、恋に落ちるスピードは絶対に誰にもコントロールできないなんて。

「どうやったらあきらめられる?」と聞かれて、「あきらめなくてもいいんじゃない?」と答えるのはちょっとコペルニクスだなーと思いました。私はもう1年以上あきらめようとしているので、自分に当てはめて「あきらめなくてもいいのかなー」とか考えてしまいましたが、現実にはどうしようもならないこともありますね。

超人の中に埋もれてしまう凡人と、超人なりの苦しさ、両方描かれていましたが、「超人と超人」を見つめる凡人視点の苦しさがメインだった気がするので、世間に埋もれる一凡人としては、見ていて苦しかったです。

|

« やわらかい生活 | トップページ | HERO »

」カテゴリの記事

加瀬亮」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/7909319

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツとクローバー:

« やわらかい生活 | トップページ | HERO »