« ミス・ポター | トップページ | PARTY 7 »

虹の女神

Niji
★★★★☆
2006
市川隼人
上野樹里

友達と見たのに、ボロ泣きしてしまって恥ずかしかったです。自分の気持ちに気付いてもらえないのって切ないですね。報われないのにあきらめられない切なさ満載で、身に覚えのある人には苦しい映画だと思います。映像も切なさを倍増させる感じで、レトロではかなくて、きれいです。

切ない中にも笑える場所もいくつかありました。特に、へたくそな演技をしている演技、をしている役者さんたちがおもしろかったです。市川隼人の鈍感で不器用な感じはすごいですね。上野樹里もいろんな感情をため込んで苦しんでいる女の子をうまく演じていました。どうしてもいえない事って、言えないもんですよね。

人生って、うまくいかない、でもやっぱりいろいろ望んでしまう。人生の矛盾や不合理を突きつけられる映画なのに、じんわりしてしまうのは何故でしょう。

|

« ミス・ポター | トップページ | PARTY 7 »

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/8679985

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の女神:

« ミス・ポター | トップページ | PARTY 7 »