« 間宮兄弟 | トップページ | ダメジン »

パプリカ

Paplika
★☆☆☆☆
2006
原作/筒井康隆

血が出るとか、死体が多いとか、そういうことじゃないんですが、グロくて気持ち悪かったです。人間の狂気を映像化するということは、ものすごく気持ち悪いことなんだということが分かりました。その割に、ちょっと恋物語になっているのは面白いです。それが普通な恋じゃないのも面白いです。

映像自体があまり好みではありません。色使いが良くないのかな…。キャラクターもそんなに魅力的じゃないし、夢の中での万能感と、現実での無力感のギャップをうまく処理できていない感じがします。

最後に、大きな悪役を作りすぎているのが良くないなーと感じました。せっかく「夢」と言う普遍的なテーマを扱っているんだから、あまり黒幕(みたいもの)を作らなくてもうまくまとまったんじゃないかという気がします。むしろ黒幕がしょぼくてがっかりしました。

というわけで、しんどいアニメでした。

|

« 間宮兄弟 | トップページ | ダメジン »

」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/8795651

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ:

« 間宮兄弟 | トップページ | ダメジン »