« Hazard | トップページ | パプリカ »

間宮兄弟

515k40a442l_aa240_1_2
★★★☆☆
2006
佐々木蔵之介
塚地武雅(ドランクドラゴン)
中島みゆき

江國香織が原作と言うことで見たんですが、予想していたより,も、はちゃめちゃでおもしろかったです。ダメ兄弟2人の雰囲気もいい感じです。とは言え、日常に起こることをとつとつと描いていくので、映画には向かないのかなーとも思いました。

はっきりいえるのは、幸せ感を分けてもらえる映画だったということです。ホントにそれでいいのか??それで幸せなのか?と突っ込みを入れたくなる雰囲気満載ですが、そこがいいのかもしれません。人の幸せなんて人それぞれだし、万人に共通の幸せなんて、ホントの幸せじゃない気がします。

江國香織は、そういう他人に理解されない幸せを描くのがうまいと思います。少しほろ苦かったり、からかったり、えぐかったり、そういうスパイスの効いた幸せ。他人には分からなくても、「私は幸せなんだ!」と心から叫ぶことが出来る人々。そんな幸せ観を肯定してくれる作家だから大好きです。

江國さんの作品の中で私が好きなのは、「きらきらひかる」と「流しの下の骨」ですが、どちらも静かな幸せの話だと思います。他人から見たら不幸せに見えそうなほどはかない幸せ、そんな世界があってもいい、というスタンスに、私は安心します。

|

« Hazard | トップページ | パプリカ »

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/8770263

この記事へのトラックバック一覧です: 間宮兄弟:

« Hazard | トップページ | パプリカ »