« トリスタンとイゾルデ | トップページ | だいぶ »

タロットカード殺人事件

タロットカード殺人事件
★★★★☆
2006/イギリス
監督/ウディ・アレン
スカーレット・ヨハンソン

タイトルを見てもポスターを見てもミステリー臭がプンプンしているのに、非常にできのいいコメディでした。死に神とか出てきちゃうあたり、ふざけすぎてる感じがいいです。殺人事件の容疑者に近づいていくのに、その人に恋をしちゃうスカーレット・ヨハンソンの馬鹿そうな演技やウディ・アレンのところかまわず手品をしちゃうダメなおじいさんっぷりが笑えます。2人とも結構癖のある演技なのに、嫌みがないのが不思議でした。

この2人がタッグを組んだ前作、『マッチポイント』は、今作と設定が似ていて、お金持ち貴族と一般庶民の対比がはっきり出ています。それにも関わらず、シリアスからコメディへ、皮肉から哀愁のある笑いへとテイストは180度変わっています。どちらが好き、とは簡単に言い切れないぐらいどちらも見応えのある映画です。

2008年最初に見た映画としては大当たりでした。

|

« トリスタンとイゾルデ | トップページ | だいぶ »

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/10082356

この記事へのトラックバック一覧です: タロットカード殺人事件:

» タロットカード意味 [無料のタロット占い情報]
タロットカードの意味を簡単に書き出してみました。 [続きを読む]

受信: 2008/01/26 14:39

« トリスタンとイゾルデ | トップページ | だいぶ »