« ジャーマン+雨 | トップページ | ジャージの二人 »

やさしくキスをして

Yasashiku
★★★☆☆
2004/イギリス/イタリア/西ドイツ
監督/ケン・ローチ

宗教って、なんだろう。

イスラム教の男性と、キリスト教の女性。信じるものが違う、ということが愛し合う2人を隔てるパワーに圧倒されました。日本にいるとあまり感じることのない信仰のパワーに改めて気付かされた気がします。

特にこの映画では宗教の2つ面を描いていた気がします。個人の心を縛るものと、社会を縛るものです。人の心を縛り付けて、内部から身動き取れなくすると同時に、社会制度に根を張った宗教が外部から圧力を加える。何かを信じることは、それ以外を信じないと言うこと。排他的になること。

信じることが、人を支えることもあれば、人を破滅させることもできる。ならば、私はそんなものいらない、と思うのですが、なぜ宗教はなくならないのでしょう。

私は、自分自身と、自分の愛する人を信じて生きていきたい。他はいらない。

|

« ジャーマン+雨 | トップページ | ジャージの二人 »

」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/35279470

この記事へのトラックバック一覧です: やさしくキスをして:

« ジャーマン+雨 | トップページ | ジャージの二人 »