« ウルトラミラクルラブストーリー | トップページ | おばあちゃんの家 »

チェンジリング

Change
★★★★☆
2008/アメリカ
監督/クリント・イーストウッド
アンジェリーナ・ジョリー

何がすごいって、アンジェリーナ・ジョリーの演技がすごい。押さえた冷静な強さと、爆発するエネルギーと、静かに泣く視線と、粘り強さ。アンジェリーナ・ジョリーをこんなにすごい人なんだ、と初めて思いました。

やはり見せ場は母の強さ。『フライトプラン』のジョディ・フォスターに通じるものがあります。全ての人から「あなたの記憶が違う」と言われても、自分を貫く、という試練はきつい。

一方で、ストーリーにはちょっとがっかりでした。「渦巻く陰謀」みたいな予告だったわりに、スケールが小さい。穴だらけの組織で、力ずく。こんな体制でよく警察が成り立っていたな、という感じです。

しかし、それにしても、これが実話だというのは怖いですね。ロス市警と言えば、『スピード』のキアヌリーブスのイメージですが、こんな汚職だらけのどろどろ時代があったことに驚きました。

|

« ウルトラミラクルラブストーリー | トップページ | おばあちゃんの家 »

」カテゴリの記事

クリント・イーストウッド」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33838/35016739

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジリング:

« ウルトラミラクルラブストーリー | トップページ | おばあちゃんの家 »