インビクタス

In_2
★★★★★
2009/アメリカ
監督/クリント・イーストウッド
モーガン・フリーマン
マット・デイモン

モーガン・フリーマンってすごい役者です。存在感だけですごいのに、この演技。視線の強さがこの強い役にぴったりでした。マンデラ大統領本人から指名があったと言うことですが、納得です。

内容については、正直、怖いと思いました。この物語を疑問に思わず見られる人が多いならば、怖いです。

ストーリーとしては人種差別の横行する南アフリカの人々にアメフトで一体感を持たせる、というものです。スポーツが黒人、白人の壁を取り除き、誰もを喜ばせる。黒人の少年と白人のタクシードライバーが一緒にアメフトを観戦する様子は感動的でした。

でも、これってナチスがオリンピックを利用したのとどう違うんでしょう?
もちろん、目的は大きくちがうのかもしれませんが、「スポーツを政治に利用する」という事実は同じです。人々を洗脳して、本来の問題から目をそらさせる政治手腕。マンデラさんの理想国家が「たまたま」現代社会が求める理想に近かったから、感動ものになっていますが、こうやってコントロールされる可能性があるということを私たちは知っていなければいけません。

私たちは常に、自分の頭で、慎重に、ものごとを見極めなければいけない。この事実を痛感しました。深い映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェンジリング

Change
★★★★☆
2008/アメリカ
監督/クリント・イーストウッド
アンジェリーナ・ジョリー

何がすごいって、アンジェリーナ・ジョリーの演技がすごい。押さえた冷静な強さと、爆発するエネルギーと、静かに泣く視線と、粘り強さ。アンジェリーナ・ジョリーをこんなにすごい人なんだ、と初めて思いました。

やはり見せ場は母の強さ。『フライトプラン』のジョディ・フォスターに通じるものがあります。全ての人から「あなたの記憶が違う」と言われても、自分を貫く、という試練はきつい。

一方で、ストーリーにはちょっとがっかりでした。「渦巻く陰謀」みたいな予告だったわりに、スケールが小さい。穴だらけの組織で、力ずく。こんな体制でよく警察が成り立っていたな、という感じです。

しかし、それにしても、これが実話だというのは怖いですね。ロス市警と言えば、『スピード』のキアヌリーブスのイメージですが、こんな汚職だらけのどろどろ時代があったことに驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー
★★★★★
2005/アメリカ
監督/クリント・イーストウッド
クリント・イーストウッド
ヒラリー・スワンク
モーガン・フリーマン

モーガン・フリーマンのナレーションは、渋くて、ゆったりしていて大好きです。この声のおかげで、『ショーシャンクの空に』を思い出しました。

いかに生きるかを考えることは、究極的にはいかに死ぬかにつながるのかもしれません。私は、まだ死ぬことを本気で考えたことがないので良く分からないというのがホントのところです。でも、この映画では「生きているけど、生きていない状態」というのがうまく表されている気がしました。

愛って、黙ってそばにいることだけで満たされてしまうものですね。もしかしたら、それは、恋愛じゃなくて、家族愛に近いかもしれません。どきどきしたいんじゃなくて、安心したいから、こういう愛し方をしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)