ロング・エンゲージメント

Longengage
★☆☆☆☆
2004/フランス
オドレイ・トトゥ

『アメリ』でのオドレイ・トトゥの可愛らしさ,可憐さは私の中でいまだにかなり上位に位置してます。そんな彼女が主演ということで楽しみにしていたのですが,期待外れだったと言わざるを得ません。ストーリーもそうですが,オドレイ・トトゥの魅力という意味でも満足には程遠いものです。もちろん,オドレイ・トトゥの外見は本作でも可愛いのですが,あの小悪魔のような笑顔には出会えませんでした。

最大の難点は登場人物が多すぎることです。また,キャラクターの肉付けが弱いので,誰が誰なのかわからなくなり,醍醐味である人間関係や入れ違い,勘違いを楽しめません。ミステリー部分を追い切れないまま,暗い話が続いていくとちょっとつらい。。。

唯一,カメラワークや色彩はアメリの監督ならではのものでとても美しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ララピポ

Rarapipo
★★☆☆☆
2007/日本
脚本/中島哲也
成宮寛貴

ララピポが"a lot of people"だということで、東京に引っ越してきたばかりの私にはものすごく納得できました。東京にはたくさん人がいて、色んな人がいる。でも、それにしてはキャラクターがが偏りすぎていて、ちょっと入り込めませんでした。

社会の底辺に蠢く人々を描く、救いのない話だった気がします。個人的に共感できたのは淫乱熟女の悩み。誰にも顧みられない専業主婦AV女優。という設定にはちょっとリアリティを感じてしまいました。

おもしろさのかけらは転がっているけれど、全体としては面白くないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロックンロールミシン

ロックンロールミシン
★★★☆☆
2002
監督/行定勲
池内博幸
加瀬亮
水橋研二
りょう
宮藤官九郎

加瀬亮演じるサラリーマンの「消極的ロックンロール」という雰囲気がとても良かったです。自分では服飾のことは何も知らないのに、がんばって仲間になっていく不器用さと、遠慮がちな感じが良いです。そして、単に「好き」なだけで服を作っている「学生のり」なグループが金銭的な破綻へ向かっていく「ロックンロールな姿」にサラリーマン的な現実を突きつけるのも彼です。「ロック」な仲間になりたいのに、なりきれない。そんな悲哀がにじんでいる気がしました。

サラリーマンの自主的夏休み、と言う映画なのかもしれません。あと、りょうがとても色気のある、かっこいい女を演じていました。そこも◎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラマン

ラマン(UMD-Video)
★☆☆☆☆
2004
安藤希
田口トモロヲ
村上淳
大杉漣

主人公の女の子が無表情でかわいくない、というのが一番気に入らないところでした。人間が一番魅力的に見えるのは笑った顔だと思います。この映画の中では、女の子が笑うシーンがありません。だったらせめて、笑わなくても魅力的に見える女の子を配役すべきじゃないでしょうか。

なんだか、ストーリーも人間も中途半端で、ただ暗いだけ。いいところのない映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション
★★☆☆☆
2004/アメリカ
ジム・キャリー
メリル・ストリープ

ジムキャリーの1人3役がものすごくうまかったです。これは、彼にしか出来ない約かもしれませんね。ジムキャリーのことは好きじゃないんですが、純粋に「うまい!」と思ってしまいました。コメンタリーを見ると、彼の台詞の80%がアドリブらしいんですが、脚本家は何をしているんでしょうか?そこまで任されるのは、楽しいだろうけど、そういう映画の作り方をする監督の作品は別にもう見たくないな~、と思ってしまいました。監督が作りたいイメージを作るというより、役者に分投げてお任せにしてる感じでした。

ただ、全体を通してのコンセプトはすばらしいと思いました。「物語は不幸であるけど、子供たちが不幸であるわけではない」。不幸な環境にある人が不幸であるとは限らないんですよね。人間が幸せか不幸せかは本人が決めるものです。

”there must be something”
「何か手があるはずだ」

といって、不幸に負けずにがんばる子供たちの姿がかわいかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レオポルド・ブルームへの手紙

レオポルド・ブルームへの手紙
★☆☆☆☆
2002/アメリカ
ジョセフ・ファインズ

この映画は、主人公の自己救済のための問答なのかもしれません。でも、救済されたのかどうかは良く分かりません。そして、登場人物たちが絶望に身を任せすぎで、何を考えているのかもさっぱり分かりませんでした。観客に与えられる情報が少ないのかもしれませんが、うまく伝わってきませんでした。自己存在の肯定を目指す、ってこと…でしょうか?? 全体的に、画面がよどんでいて気持ちが悪い映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライフ・イズ・ミラクル

ライフ・イズ・ミラクル
★★★☆☆
2004/フランス・セルビア・モンテネグロ

価値観の違う文化の映画でした。優しくて、コミカルで、楽しいんだけど、いまいちストーリーを追いきれない。これは、舞台の地理や歴史的背景に疎い私も悪いんですが、因果関係が追いづらいせいもあるんだと思います。そして、人物像がけっこうぶっ飛んでて、だれが「普通な人」で誰が映画の中でも「変人」扱いなのかが分かりにくいです。でも、愛情表現なんかは分かりやすいから、そこに救われてます。

インド映画に似た高揚感はありますが、それよりは少しストーリー重視で分かりやすい。ちょうど日本映画とインド映画の中間なのかも知れません。

ヒロインがものすごく馬鹿で、かつ、かわいかったです。そして、出てくる動物たちがみんなかわいい。犬に猫にねずみ、そして極めつけは、失恋して線路で自殺を図ろうとするロバ。このロバが最高です。チョコチョコ画面に写っているのに、あまり意味はない。意味がないところが最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

RENT

Rent
★★★★★
2005/アメリカ

すばらしいミュージカルでした。主題歌の「シーズン・オブ・ラブ」をラジオで聞いて気に入ったので見に行ったんですが、想像以上にボロ泣きでした。主題歌以上にインパクトのある歌はなくて、もうちょっと歌が魅力的だったらいいのにな~とは思いましたが、基本的に良かったです。

色々な登場人物が、ホモだったり、レズだったり、エイズだったり、ストリッパーだったり、色々マイノリティなんですが、全然自分を恥じていない姿がすばらしいです。自分は自分でいい。一見、開き直ってるようですが、自分で自分を認められること、自分を恥じないことは私の目標でもあるので、背中を押された気がしました。

特に、劇中のレズビアンカップルのケンカが一番胸に響きました。ありのままの自分を受け入れて欲しいという欲求を歌う歌でした。恋愛って、相手を受け入れることですよね。改めて、恋愛のために自分を変える必要はないという確信を持ちました。恋愛においての努力は、相手を受け入れるための努力であるべきです。自分は自分でいい。このままの自分を受け入れて欲しい。そのかわり、自分も相手のありのままを受け入れる。そういう恋愛がしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイクサイド マーダーケース

レイクサイド マーダーケース

★☆☆☆☆
2004
役所広司
薬師丸ひろ子
豊川悦司
柄本明
杉田かおる

怖いです。怖がらせようとする意図にのっとった映像の挿入が非常に効果的でした。怖いけどきれい。思った以上に怖かったので、どきどきしました。

ストーリーとしては、イマイチ終わり方がぴんとこなくて、残念でした。伏線だと思ったものが何も触れられずに終わったのも納得いきません。犯人が誰かという私の推理は、いつも通り外れたんですが、途中までは分かっちゃいました。そういう意味では、ミステリーに慣れた人には物足りないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜馬の妻とその夫と愛人

竜馬の妻とその夫と愛人
★★☆☆☆
2002
監督/市川準
脚本/三谷幸喜
木梨憲武
鈴木京香
江口洋介
中井貴一

三谷幸喜作品としては、コメディというより、大河ドラマ新撰組に近いテイストだった気がします。コメディとして借りたので、ちょっと重かったです。でも、鈴木京香演じる竜馬の妻、おりょうの気持ちはすごく分かっちゃいました。誰でもいいからそばにいて癒してほしい。でも、自分を愛してくれる人のそばにはいられない。その人を愛し返すことが出来ないから。私も、私を好きにならない人なら、誰でもいいです。

好きじゃない人と一緒にいることは楽チンです。プレッシャーも何もない。お互いに楽しんでるだけだと分かっているから。でも、自分を好きになってくれた人と一緒にいるのはしんどいです。想いを返せない人といるのは、しんどいです。

だから、自分を愛してくれるのに愛し返してあげられない人のそばにはいてはダメだ、という選択はすごく正しいと思います。自分を愛してくれない人にだったらいくらでも甘えられるんですけど、自分を愛してくれる人に愛し返せないときは、絶対に甘えられません。期待を与えちゃダメですよね。

両思いだったら何の問題もないのにな~、と哀しくなりました。「何が足りないの?」「ダメなところは直すから」という台詞はぐっさり来ます。惚れる、惚れないって言うのは、ポイントじゃないんですよね。結局トータルな雰囲気に惚れるんだと思います。どこか直して惚れてもらう、とかはありえない。分かっていて聞いちゃうのが、惚れてる弱みですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧