パプリカ

Paplika
★☆☆☆☆
2006
原作/筒井康隆

血が出るとか、死体が多いとか、そういうことじゃないんですが、グロくて気持ち悪かったです。人間の狂気を映像化するということは、ものすごく気持ち悪いことなんだということが分かりました。その割に、ちょっと恋物語になっているのは面白いです。それが普通な恋じゃないのも面白いです。

映像自体があまり好みではありません。色使いが良くないのかな…。キャラクターもそんなに魅力的じゃないし、夢の中での万能感と、現実での無力感のギャップをうまく処理できていない感じがします。

最後に、大きな悪役を作りすぎているのが良くないなーと感じました。せっかく「夢」と言う普遍的なテーマを扱っているんだから、あまり黒幕(みたいもの)を作らなくてもうまくまとまったんじゃないかという気がします。むしろ黒幕がしょぼくてがっかりしました。

というわけで、しんどいアニメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PARTY 7


★★☆☆☆
2000
監督/石井克人
永瀬正敏
浅野忠信
原田芳雄

気にはなっていたんですが、観る機会がなかった映画です。友人に勧められたのをきっかけにレンタルしてみました。ものすごくおもしろい訳じゃないけど、まぁまぁかな、という感じです。

『鮫肌男と桃尻女』の方が、完成度が高かった気がします。時間的に短い割に、キャラの濃い人がいっぱい出てくるので、ちょっと食傷気味。我修院達也とかは、別にいらないキャラだった気がしてしまいます。詰め込みすぎ?あと、アニメもかっこいいけどそんなにいらないかな。 いらない部分が多すぎです。

浅野忠信は、ひげがなかったけど意外にかっこよかったです。今の小汚い感じも好きですが、さっぱりした感じがします。原田芳雄との掛け合いがそれなりにおもしろかったし、ホテルののぞき部屋という設定もおもしろかったので、この部分は楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲド戦記

Gedo
★★★☆☆
2006
監督/宮崎吾朗
岡田准一
手嶌葵

原作が大好きなので、期待しないで見るよう努めたんですが、なかなか難しいです。まぁ、ゲド戦記3巻を映画にしたというより、ゲド戦記3巻を「新しく創作した」というのに近いのかもしれません。エンターテインメントとしては、よくできているのではないかな、と思います。

原作を見ていないと分からないような描写(人間関係など)があるのは、仕方ないのかもしれません。でも、映画は映画だけで完結できるようなシンプルなものがいいなー、と思いました。

もうひとつ内容に不満があるとすれば、「悪」の存在についてです。今までの宮崎アニメって、絶対的な悪という存在はなかった気がするんですが、今回は「悪」という存在があったのでそこに違和感を覚えました。簡単に二分化できないという「もののけ姫」的な主張はどこに行ってしまったんでしょうか。それでいて、もののけ姫のときのようなお説教テイストを台詞として言わせてしまっているところも気に入りません。例えば、テナーの台詞に「命を大事にしないやつなんて大嫌いだ」というものがありましたが、こんな直球は言わせないで欲しい気がします。

それにしても、歌の力はすごいですね。あの歌のおかげで見たいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレイブ・ストーリー

Brave
★☆☆☆☆
2006
原作/宮部みゆき
監督/千明孝一
松たか子
大泉洋

時間つぶしで、選ぶ余地なく見た映画です。いまいち…、と言うのが正直な感想です。何が言いたいのかよくわからなかったというか、シックリこなかっただけなんですが、ちょっと子どもっぽすぎるのかもしれません。質の良い児童向けの作品はおとなが見ても楽しめるはずなんですけどね。

冒険の意味が主人公の心の成長だけにとどまっているところが微妙ですね。せっかく冒険したんだから目に見える形で成果があってもいいのでは…と思ったり。ライバルの扱いも微妙です。

やっぱり、世界観が中途半端なファンタジーだから、微妙な気がしてしまうんでしょう。どこかで見たような感じで、オリジナリティが薄いです。

「損したー」

映画館で見たので、思わずそう思ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (3)