重力ピエロ

Glavity
★★★★★
2009/日本
原作/伊坂幸太郎
加瀬亮
岡田将生

原作の大ファンで、映画を見ることをずっと躊躇していました。がっかりしたくなかったからです。でも、見て良かったと思います。

原作では
「メロスは激怒した」
「春はあけぼの」
「山椒魚は悲しんだ」
などの古典からの引用が多数あるんですが、その辺が映画ではカットされていたのはとても残念です。

伊坂作品には、完全な「悪」、改心する可能性がゼロな「悪」が登場します。私には、そんな存在を描く必要があるのかどうか不思議なんですが、この作品ではその「悪」について深く深く追求している気がします。「悪」は連鎖するのか、その鎖は自分で断ちきれるのか、そもそも「悪」は本当に「悪」なのか。色んな事を考えさせられます。見て、自分で考えなければいけない映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きだ、

Sukida
2005
★★★☆☆
宮崎あおい
瑛太
加瀬亮

すごく音のきれいな映画です。とは言っても、BGMがあるわけではなく、鳥のさえずり、川のせせらぎ、車の音、日常のざわめき、そういう普通の映画なら消してしまうような音たちがきれいな映画です。そして、映像のきれいな映画でした。空の風景、川の風景、自然光で撮った優しい映像がいっぱいでした。教室の風景も電気を消して撮ってあったりと、全体的に統一感があります。

話のテンポはすごくゆっくりで、ちょっと眠たくなるような感じです。ただ、それが良いゆっくりさ加減なのが不思議です。主人公2人の気持ちに同調するためにはこのスローテンポが大切なのかもしれません。

前半と後半で2人が完全に成長して役者が入れ替わるんですが、意外と違和感がありませんでした。それでも、高校生の2人の方が見ていて共感できて良かったです。切なくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチミツとクローバー

Hachikuro
★★★★☆
2006
蒼井優
櫻井翔
伊勢谷友介
加瀬亮
関めぐみ
中村獅童

人を好きになるのって苦しいことだな、と改めて実感しました。しかも、苦しいことばっかりで報われない場合さえあるなんて、ひどく残酷です。それなのに、こんなに苦しいことなのに、恋に落ちるスピードは絶対に誰にもコントロールできないなんて。

「どうやったらあきらめられる?」と聞かれて、「あきらめなくてもいいんじゃない?」と答えるのはちょっとコペルニクスだなーと思いました。私はもう1年以上あきらめようとしているので、自分に当てはめて「あきらめなくてもいいのかなー」とか考えてしまいましたが、現実にはどうしようもならないこともありますね。

超人の中に埋もれてしまう凡人と、超人なりの苦しさ、両方描かれていましたが、「超人と超人」を見つめる凡人視点の苦しさがメインだった気がするので、世間に埋もれる一凡人としては、見ていて苦しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロックンロールミシン

ロックンロールミシン
★★★☆☆
2002
監督/行定勲
池内博幸
加瀬亮
水橋研二
りょう
宮藤官九郎

加瀬亮演じるサラリーマンの「消極的ロックンロール」という雰囲気がとても良かったです。自分では服飾のことは何も知らないのに、がんばって仲間になっていく不器用さと、遠慮がちな感じが良いです。そして、単に「好き」なだけで服を作っている「学生のり」なグループが金銭的な破綻へ向かっていく「ロックンロールな姿」にサラリーマン的な現実を突きつけるのも彼です。「ロック」な仲間になりたいのに、なりきれない。そんな悲哀がにじんでいる気がしました。

サラリーマンの自主的夏休み、と言う映画なのかもしれません。あと、りょうがとても色気のある、かっこいい女を演じていました。そこも◎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花よりもなほ

Hanayorimo
★★★★★
2006
監督/是枝博一
岡田准一
宮沢りえ
古田新太
浅野忠信
加瀬亮
原田芳雄

時代劇っぽくない音楽が意外と合っていて、監督すごいな~と思いました。人間のずるさや、弱さそして、強さを描く繊細なところがかっこいいです。みんな適当にずるく生きてるのに、ホントのところで優しい。そして強い。本当に強い人しか、他人を思いやることは出来ません。

「ウンチが餅になる」ことがテーマなのも突拍子がなくて、それでいていろんな意味が入っています。こんなに単純な言葉なのに、実は深い。観てよかったです。

岡田准一も浅野忠信もかっこよかったし!!私が好きな日本人俳優5本の指が2人も出ていて幸せでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花 特別版
★☆☆☆☆
2003
監督/西谷真一
原作/金城一紀
大沢たかお
柄本明
加瀬亮
西田尚美
牧瀬里穂
椎名桔平
遠藤憲一
南果歩

大衆向けのわかりやすい映画、という感じです。重たいメッセージを抱えていそうで、安直な終わり方しかしていないので、見やすいかもしれません。あまりにインパクトのないエンディングでがっかりしました。

いろいろなことを考えさせてくれますが、分かりきったことしか言っていないので、あまり心の栄養にはなりませんでした。

好きな人とドライブに行きたくはなります。その雰囲気は◎でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)